MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
春季リーグ戦
2016年5月22日(日)10:45 @アミノバイタルフィールド
一橋大学 0
14 専修大学

【1Q】
 一橋大#88吉川のkickにより試合開始。専修大はrun中心のプレーでファーストダウン獲得を繰り返し、runプレーでそのままTD。その後のTFPのkickも決めて7点の先制点を得る。一橋大は#20谷口のrunプレーでファーストダウン獲得を繰り返すも得点獲得にはならず。一方専修大もrun・pass織り交ぜた攻撃で着実にファーストダウン獲得を繰り返すが、一橋大#15小野や#41丸山の活躍もあり点数獲得には至らない。ここで第一クォーター終了。
第一クォーター終了時スコア 一橋大0-7専修大

【2Q】
 開始序盤、一橋大#32小林がパスインターセプトし攻守交代。専修大陣13ydから一橋大の攻撃となる。その後、両大学run・pass織り交ぜた攻撃をするも得点には結びつかない。専修大が7点リードしたまま前半終了。
前半終了時スコア 一橋大0-7専修大

【3Q】
 専修大のkickにより試合再開。専修大はrun中心のプレーでファーストダウン獲得を繰り返す。途中、4thダウンのギャンブルも成功させる。しかし一橋大#15小野がパスインターセプトを成功させ、攻守交代。一橋大はなかなかファーストダウン獲得することができない。専修大も追加点を得ることなく第三クォーター終了。
第三クォーター終了時スコア 一橋大0-7専修大

【4Q】
 開始早々、専修大がパスインターセプトに成功。一橋大陣10ydからrunプレーでそのままTD。TFPのkickも成功させ7点獲得する。一方一橋大も#10柴田や#36木村のrunプレー中心にファーストダウン獲得を繰り返すが得点獲得にはならず、専修大がパスインターセプトを決める。専修大はrunプレー中心で着実にファーストダウン獲得を繰り返すも#50鈴木のタックル、さらに#6平野のロスタックルもあり得点獲得には至らない。試合残り時間24秒で攻守交代し一橋大の攻撃。passを投じるも成功せず、得点獲得にはならないまま試合終了。
試合終了時スコア 一橋大0-14専修大


これをもって、2016春季オープン戦は終了となります。たくさんのご支援、ご声援ありがとうございました。
今後ともCRIMSONをよろしくお願い致します。