MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
秋季リーグ戦
2020年11月8日(日)09:45 @アミノバイタルフィールド
一橋大学 13
52 専修大学

「特別なシーズン」として、昇格降格なし・リーグの4チームごとの分割で実施される2020年秋シーズン。例年は9月初旬に開幕となるところ、11月8日(日)にCRIMSONは初戦を迎えた。

アミノバイタルフィールドにて、昨年敗れている専修大学Green Machineと対戦。


【前半戦】

コイントスは、専修が勝ってレシーブを選択。CRIMSONはOL#50前田大河のキックオフで試合開始。いきなりBIGリターンを許し、TDを奪われる。TFPも成功。0-7。

直後の専修のキックオフはRB#10須藤が大きくリターン。敵陣48ヤードに到達しCRIMSON最初の攻撃開始。1stプレーはRB#33前田陽人に持たせるリバースをコールするも大きくロス。続いてQB#9内藤から#20田中へのパス成功、3rdダウンはショベルパスを失敗し、1stダウンは獲得できない。4thダウンは QB#1五十嵐がパントで敵陣7ヤードまで陣地を回復。0-7。

専修も最初の攻撃シリーズ。WR#81、RB#2を中心にランで前進する。CRIMSONも1年生DL#56倉田がパスをディフレクトするなど粘り、1stダウンを2回更新されるも、3rdダウン1からのランを集まって止め、パントへ。DB#14直江がパントをブロックし、こぼれたボールをDB#24田村が弾き、最後は直江が拾ってエンドゾーンぎりぎりに飛び込みTD。TFPは失敗。6-7。

OL#50前田大河のキックオフで試合再開。スクイブキックで、専修が自陣40ヤードまでリターン。CRIMSONはラン守備を改善し、3&Out。パントをWR#4中塚が15ヤード近くリターン。6-7。

CRIMSONはQBを#1五十嵐に替え、自陣41ヤードから攻撃開始。前進できず3rdロングは再びQB#9内藤に戻しパスを決めるも1stダウンは獲得できず。QB#1五十嵐のパントで攻守交代。6-7。

専修は自陣15ヤードから1stダウン。エースRB#2に連続でボールを持たせ、1プレーで一気にCRIMSON陣内へ。ゾーンやオプションでアウトサイドを攻められる展開。CRIMSON陣21ヤード地点で3-3となったところで第1Q終了。第2Q開始直後に専修が1stダウン獲得し、さらに続けて1stダウン獲得、CRIMSONはそのまま止めることが出来ず2プレーでTD。TFPも成功。6-14。

専修のキックオフは大きく飛んでタッチバック。CRIMSONは自陣25ヤードから1-10。

QB#9内藤からRB#10須藤へのパス成功でリズムを作り、フォルススタートの反則を挟みながらもRB#20田中のランを連続し1stダウン獲得。さらにQB#9内藤からWR#11伊藤へパス成功し、専修陣内に侵入し1stダウンを獲得。しかしここで止められ4thダウンへ。パントの際、パンターが捕球時にニーダウンしてしまい、その場で攻守交代。6-13。

専修 、CRIMSON陣41ヤードから攻撃開始。1プレー目のランで一気に15ヤードまで前進。最後はパスでTD。TFP成功。6-21。

専修のキックオフで試合再開。RB#10須藤がエンドゾーンからリターン。自陣18ヤードから1stダウン。ランとパスを織り交ぜて展開するも1stダウンを獲得できず。パントは大きく陣地を回復できず攻守交代。6-21。

専修大学の攻撃はCRIMSON陣32ヤードから1stダウン。専修がハンドオフをファンブルし、DL#96山田がリカバーし攻守交代。6-21。

CRIMSONは自陣40ヤードから攻撃開始。RB#10須藤、RB#20田中のラン着実に前進し、1stダウン獲得。前半残り2分を切り、ここからパスを連続してコールし、WR#4中塚へのパスをヒット。RB#10須藤のランでさらに1stダウンを獲得し、続けてWR#33前田陽人へパスを決め、ゴール前7ヤードまで前進。直後のプレーでQB#9内藤からWR#89菅井へのパスが決まりTD。TFPはRB#10須藤が決め、13-21。

前半残り0:54からOL#50前田大河のキックオフで試合再開。専修は自陣27ヤードからランで1stダウンを獲得し、さらにランで前進。残り時間わずかのところ、パスでの前進はDB#15早川、LB#17天野が止め、そのまま前半終了。13-21。

 【後半戦】 

専修のキックオフで後半開始。スクイブキックの処理が乱れ、CRIMSON攻撃の攻撃は自陣22ヤードから。RB#10須藤とRB#20田中が3連続でランで進めて1stダウン獲得。直後のパスはインターセプトされ攻守交代。13-21。

専修、CRIMSON陣27ヤードから1-10。ランで15ヤードまで前進を許すも、4thダウンに追い込み、専修のFGトライは失敗。しかしランニングイントゥザキッカーの反則で専修はゴール前5ヤードから1stダウン。さらに3連続のパスは失敗となり最後はフィールドゴール成功。13-24。

専修大学のスクイブキックはDB#14直江がリターン。CRIMSON陣35ヤードからの攻撃。フォルススタートが発生するもQB#1五十嵐からRB#10須藤へのパス、RB#20田中のラン、RB#10須藤のダイブで1stダウン獲得。ここからパスを狙うも決められず、3rdダウンはQB#9内藤からWR#4中塚へのパスを成功しさらに1stダウンを獲得し、専修陣へ侵入。さらにランとパスを織り交ぜて進めるも最後は4thダウンギャンブルを失敗し攻守交代。13-24。

専修の攻撃は自陣34ヤードから1-10。2プレー目で大きくゲインを許し、CRIMSON陣31ヤードまで前進。オフサイドの反則も発生する中、直後にランでTDを許す。TFP成功。13-31。

専修のキックオフで試合再開。CRIMSONは自陣27ヤードからの攻撃中に第4Qへ。このシリーズは3&Outに封じられ、さらにパントは大きくリターンされ、攻守交代。13-31。

専修、CRIMSON陣39ヤードから。パスでゴール前まで進まれ、さらにランでTD。TFP成功。13-38。

専修のキックオフ後のCRIMSONの攻撃は自陣15ヤードから。WR#4中塚へのパス成功、QB#9内藤のスクランブルで1stダウン。直後のアウトサイドへのパスはインターセプトされ、そのままリターンTDを奪われる。TFP成功。13-45。

専修のキックオフはRB#10須藤がビッグリターン。専修陣25ヤードからの攻撃はRB#20田中がショベルパスを受けて1stダウン。ゴール前11ヤードからのパスはエンドゾーンでインターセプトされ攻守交代。13-45。

専修、自陣20ヤードから3連続でランを進め1stダウン。さらにランでロングゲインし、CRIMSON陣22ヤードまで侵入。さらに3連続でランを進め、最後はパスでTD。TFPも成功。13-52。

専修のキックオフで試合再開。自陣からの攻撃は#33前田陽人へのパスを連続で成功。ハーフウェイまで進め、試合時間は残り2:00程度に。4thダウンまで追い込まれつつ、1stダウンを獲得するも、直後にパスインターセプト。攻守交代。13-52。

専修はランで時間を消費し、そのまま試合終了。


チーム記録

得点一橋大学CRIMSON専修大学GREEN MACHINE
得点13
52
タッチダウン26
PAT<1点>16
PAT<2点>00
フィールドゴール(トライ数)01(1)
セイフティ00
チーム成績一橋大学CRIMSON専修大学GREEN MACHINE
攻撃総獲得ヤード(回)225YD(54)419YD(55)
ラン(回)49YD(26)323YD(37)
パス(試投-成功-INT)176YD(28-16-4)96YD(18-11-0)
1stダウン獲得(ラン-パス-反則)11(6-5-0)14(11-2-1)
3rdダウンコンバージョン46%(6/13)38%(3/8)
4thダウンコンバージョン50%(1/2)
ファンブル回数(喪失数)02(1)
反則回数(喪失ヤード)8(29YD)2(15YD)

個人記録

ランラン回数獲得ヤード
#20田中11回32YD
#10須藤6回33YD
#1五十嵐4回3YD
#9内藤4回-12YD
#33前田1回-7YD
パスパス成功回数獲得ヤード
#9内藤15回164YD
#1五十嵐1回12YD
レシーブ捕球回数獲得ヤード
#33前田4回72YD
#11伊藤3回28YD
#4中塚3回23YD
#10須藤3回23YD
#20田中1回15YD
#21中村1回8YD
#89菅井1回7YD
キックオフリターンキックオフリターン回数獲得ヤード
#10須藤6回167YD
#14直江1回14YD
#11伊藤1回0YD
パントリターンパントリターン回数獲得ヤード
#4中塚1回15YD
パントパント回数獲得ヤード
#1五十嵐4回110YD
フィールドゴールフィールドゴール回数 
インターセプトインターセプト回数ターンヤード
ファンブルリカバーファンブルリカバー回数
#96山田1回
タックルタックル回数
#2川村3.0回
#4中塚0.5回
#6加藤6.0回
#8竹原1.0回
#14直江8.0回
#15早川4.5回
#17天野3.5回
#24田村0.5回
#35安藤寛1.5回
#56倉田2.0回
#95松本2.0回
#96山田1.5回
#98小川1.0回


Photo