MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
秋季リーグ戦
2020年11月21日(土)09:45 @アミノバイタルフィールド
一橋大学 61
6 関東学院大学

専修大学、成城大学、一橋大学、関東学院大学で構成する今年度限りの「2部Bブロック第1グループ」。成城大学との試合は実施することが出来ず、今回の関東学院戦が2戦目にしてリーグ戦は最終戦。11月22日(月)、強風のアミノバイタルフィールドにて今季初勝利を懸けて、まだ今季試合がなく情報がない関東学院との試合。


【前半戦】

関東学院のキックオフで試合開始。#10須藤がリターンし自陣38YDから攻撃開始。RB#20田中のランを中心に組立て、敵陣へ侵入。敵陣25YDまで進んだところで、QB#9内藤からWR#11伊藤へのTDパスがヒット。TFPは#50前田大河が決める。7-0。

#50前田のキックオフで試合再開。同じくランをベースにした展開の関東学院オフェンスを、3&Outに封じ、パントはDB#14直江が2試合連続となるブロック。こぼれたボールはDL#96山田が押さえ、CRIMSONがゴール前で攻撃権を得る。7-0。

ゴールまで11YDという好位置からの攻撃は、2プレー連続でRB#20田中がキャリーしTD。TFPは#50前田大河が決め、14-0。

#50前田大河のキックオフで試合再開。1stシリーズと似た展開に対してCRIMSONは良く守り再び3&Out。パントはショートしリターンせず攻守交代。14-0。

CRIMSONも自陣からの攻撃はパスが決まらず3&Out。#1五十嵐のパントで攻守交代。14-0。

続く関東学院の攻撃は、DL#56倉田、#70小川など下級生DLの活躍もありまたも3&Out。パントにもプレッシャーをかけ、徐々にフィールドポジションを優位にしていく。14-0。

CRIMSONは同じくラン中心の展開。RB#21中村のランでフレッシュし敵陣に入る。その後RB#20田中のランやWR#33前田陽人へのパスで3プレー連続で1stダウン更新するなど順調にゴール前まで進み、最後はRB#20田中の1YDのTDラン。TFPは同じく#50が成功。21-0。

キックオフで試合再開後の関東学院オフェンス。ややパスを増やすも前進できずパントで攻守交代。21-0。

CRIMSONは自陣中ほどからの攻撃。#10須藤と#20田中の3年生RBコンビのランで前進したあと、QB#9内藤からWR#11伊藤へのパスが決まり一気に敵陣へ。#10須藤のランでさらに進め、#20田中の14ヤードTDランでさらに得点差を広げる。TFPも#50前田が決め28-0。

キックオフ後のCRIMSON守備も勢いを手放さず、LB#8竹原・DL#96山田が集まってランをストップした直後、2プレー目でDB#14直江がディープへのパスをインターセプトし攻守交代。28-0。

前半残り時間を使い切りながら攻めたいCRIMSONは、これまで順調なランを中心に展開。ロングゲインこそないものの着実に前進し、ゴール前まで迫る。反則による罰退もありながら、最後は再びQB#9内藤からWR#11伊藤へのTDパスがヒット。13プレーのドライブで前半残り時間は1分以下として得点を重ねる。TFPは失敗。34-0。

キックオフ後の関東学院のオフェンスはニーダウンで時間を消費し、そのまま前半終了。34-0。

【後半戦】

後半は、キッカーを2年生#16上山に替え、CRIMSONのキックオフで試合再開。一度アウトオブバウンズの反則がありながら、2本目はタッチバックを蹴りこみ、関東学院のオフェンスへ。CRIMSONは前半と変わらず、しっかり集まって前進を許さず3&Out。34-0。

ハーフウェイ付近からの攻撃は、#10須藤と#20田中の3年生RBコンビのランで着実に前進。ゴール前まで進んだところで、今季OLに転向した#64元濱がQBポジションに入り、そのまま飛び込みTD。TFPも#50前田大河が決め41-0。

直後の関東学院オフェンスは、DL#70小川、DB#14直江がきっちりランをストップし、またも3&Out。パントはショートしたボールが転がる前に#33前田陽人がうまく処理し、好位置で攻撃権を得る。41-0。

残り20YD地点からの攻撃。RB#10須藤がいきなりゴール前まで持ち込み、愛後は再びOL#64元濱のダイブでTD。TFPも決まり48-0。

関東学院の攻撃シリーズは、パスとランのバランスアタックに変わり、10プレー以上を継続してCRIMSON陣深くまで侵入。しかし最後はパスが決まらずギャンブル失敗により攻守交代。48-0。

久しぶりのCRIMSON攻撃シリーズは、ランが止められ3&Out。4thダウンのパントは、パンターがファンブルし、エンドゾーン内で関東学院がボールを押さえ、TD。TFPは失敗し、48-6。

直後のキックオフは#1伊藤が大きくリターンし、敵陣からCRIMSONの攻撃開始。しかし関東学院の粘りにより前進できず、また反則も絡み、35YD地点で4thダウン12となる。ここでギャンブルし、QB#9内藤からWR#16上山にパスを決め、上山がそのままDBをかわしてTD。TFPも上山が決め、55-6。

その後も、下級生も含めてCRIMSONディフェンスは関東学院のオフェンスを良く止めて3&Outとし、パントリターンで反則があり自陣深くからの攻撃となるも、RB#20田中の74YDゲインで一気に敵陣に進み、#10須藤が15YDのTDランでさらに得点を重ねる。TFPは失敗し、61-6。

残り時間はわずかとなり関東学院の最後の攻撃も、大きくは進ませず、タイムアップ。61-6。


チーム記録

得点一橋大学CRIMSON関東学院大学HURRICANES
得点616
タッチダウン91
PAT<1点>70
PAT<2点>00
フィールドゴール(トライ数)00
セイフティ00
チーム成績一橋大学CRIMSON関東学院大学HURRICANES
攻撃総獲得ヤード(回)488YD(59)125YD(41)
ラン(回)358YD(45)73YD(26)
パス(試投-成功-INT)130YD(14-7-0)28YD(15-4-1)
1stダウン獲得(ラン-パス-反則)18(15-3-0)5(4-1-0)
3rdダウンコンバージョン70%(7/10)10%(1/10)
4thダウンコンバージョン100%(1/1)0%(0/1)
ファンブル回数(喪失数)2(1)2(1)
反則回数(喪失ヤード)5(35YD)4(10YD)

個人記録

ランラン回数獲得ヤード
#20田中23回207YD
#10須藤10回90YD
#1五十嵐5回35YD
#21中村2回23YD
#64元濱2回3YD
#89菅井1回2YD
#9内藤1回-2YD
パスパス成功回数獲得ヤード
#9内藤7回130YD
#1五十嵐0回0YD
レシーブ捕球回数獲得ヤード
#11伊藤4回81YD
#16上山1回35YD
#33前田1回14YD
#10須藤1回0YD
キックオフリターンキックオフリターン回数獲得ヤード
#11伊藤1回46YD
#10須藤1回18YD
パントリターンパントリターン回数獲得ヤード
#33前田1回3YD
パントパント回数獲得ヤード
#1五十嵐1回28YD
フィールドゴールフィールドゴール回数
インターセプトインターセプト回数リターンヤード
#14直江1回0YD
ファンブルリカバーファンブルリカバー回数 
タックルタックル回数 
#3岩崎2.0回
#6加藤0.5回
#8竹原5回
#14直江3.5回
#17天野2.5回
#24田村3.5回
#35安藤寛1.5回
#52松本1.5回
#56倉田1.5回
#70小川2.5回
#96山田3.0回

CRIMSONは「2部Bブロック第1グループ」2位となり、同第2グループ2位の上智大学と、2部Bブロック3位相当を懸けて最終戦となる順位決定戦を行う。

Photo