引退を迎えて AS中村 美雪 | 一橋大学アメリカンフットボール部

引退を迎えて AS中村 美雪

382 views

CRIMSONブログをご覧の皆様、2018シーズンにおいては熱いご声援をありがとうございました。
旧4年ASの中村です。

この4年間、たくさんの言葉と人に支えられてきました。地域の皆様の温かいご声援や引退した先輩方からの「頑張れ」の声、同期の熱い言葉。その中でも、4年目の春、ひとりのOBの方からいただいたメールが強く印象に残っています。
近年のCRIMSONは選手以上にスタッフから決意を感じる、選手・コーチが求めることができないのならフィールド外で同じ覚悟を持つスタッフが指摘をすべき、といった内容の長い長いメールの最後に、
「遠慮せず、慣れ合わず、信念を持ってやってください。」
そう強く書かれていました。
自分が生まれる前に卒業された選手の方からの熱いメッセージに背筋が伸びたと同時に、ずっと受け継がれているCRIMSONプライドを感じました。CRIMSONに入部を決めたのは、選手もスタッフも関係なく全員で勝ちを求め続ける姿勢に憧れたからです。その意地のような勝利への思いは、昔からずっと変わっていない、だからこそ私はこの泥臭いCRIMSONが好きなんだと、再確認したのを覚えています。

しかし、求め続けようと決意して始まった今シーズン、全勝を目標に掲げたことを恥ずかしくなるほどの惨敗でした。自分の想定の甘さ、準備不足から、自分のユニットでさえ完璧にできたものはほとんどありません。応援してくださる皆様には申し訳なく、なによりも悔しくみじめで、入替戦直後も心に浮かぶのは未練ばかりでした。

まだサイドラインからフィールドのプレーヤーを支えたい。
まだ小平で最高の準備をし続けたい。
大好きなスペシャルチームをもっと強くしたい。
フットボールという最高のチームスポーツをもっと体感したい。
もっと勝利を味わいたい。
そんな思いがこみ上げてくる、もっともっと勝ちたかった4年間でした。

一部昇格という目標を後輩に託す不甲斐ない私ではありますが、これからはひとりのOGとして上を目指し続けるCRIMSONをサポートしていきたいと思います。
BIG8からTOP8へ駆け上がり日本一を目指すために、まずは粘り強く一部に定着するチームを作ることが必要です。応援してくださる皆様の力はCRIMSONの大きな力になります。どうか2019CRIMSONへ変わらぬ熱いご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

最後に、2018CRIMSONを支えてくださった全ての皆様に心より感謝申し上げます。小平、国立、観客席、サイドライン、様々な場所からの、たくさんのご支援・ご声援には感謝してもしきれません。
そして、お父さん、お母さん、いきなりアメフト部に入り全然帰省せず帰っても部活のことばかりだった私を、経済的にも精神的にも支えてくれたこと本当に感謝しています。ありがとう。

中村美雪

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON