引退を迎えて TR 柴田りさ子 | 一橋大学アメリカンフットボール部

引退を迎えて TR 柴田りさ子

158 views

 

CRIMSONブログをご覧の皆様、いつも温かいご声援をありがとうございます。

旧4年TRの柴田りさ子です。

1部への全勝昇格を掲げたシーズンでありながら、皆様の期待を裏切る結果となってしまったこと大変申し訳なく思っています。

引退して数日経ちましたが、まだ引退した実感がない状況です。それだけCRIMSONでの毎日は私にとっては核であり、当たり前にあるものでした。

私は高校時代から数えると約7年間体育会部活でスタッフ業をやってきました。

高校サッカー部の時は、部員たちからの「ありがとう」がほしい、ただそれだけでやってきました。臭いビブスを毎日洗ったり、部室を常に綺麗にしたり、選手自身でもできることでも何でもしてきました。

しかしCRIMSONに入ってからサポートするということは、何でもしてあげるということではないということが分かりました。

時にプレーヤーを突き放すことの大切さ、だけど愛を持って接していかなければいけないということ、そして私たちは担当プレーヤーの1番の理解者ではなくてはいけないこと、たくさんのことを学びました。

私自身、いつまでたっても勉強不足で日々トレーナーたちにも、プレーヤーにも、コーチにもご迷惑をおかけしてきましたが、この4年間で確実に成長することができました。

それはCRIMSONに入らなければできなかったことで、CRIMSONと出会えたことにとても感謝しています。

特に同期トレーナーの3人にはとても感謝しています。誰よりも頼りになるヘッド和可、常に熱い気持ちを持って厳しく優しくしてくれた佳子、同じメディカルTRとして相談役でいてくれた瞳。3人がいなければ私は4年間やってこれませんでした。

そして、担当していたオフェンスのみんなは自分の子どもみたいに大切で、みんなどこかしら怪我をしていながらも最後入替戦に全員スタイル出来たこと、本当に何より嬉しく思っています。

もっと私に能力があれば、もっと早く復帰させてあげれたかもしれないと思ったことは何度もありましたが、それでも頼ってくれたこと、一緒に戦えたこと、とても嬉しく思います。

長くまとまりのない文となってしまいましたが、同期、先輩、後輩、コーチ、父母の方々、CRIMSONを応援してくださるすべての方々に感謝しています。

4年間、ご声援、ご支援をいただきありがとうございました。

今後ともCRIMSONをよろしくお願いいたします。

そしていつまでもCRIMSONのことを応援しています。

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON