試合詳細 VS東京農業大学 | 一橋大学アメリカンフットボール部

試合詳細 VS東京農業大学

73 views

【第1クォーター】 

東農大のKickで試合が開始され、#1蒔苗のナイスリターンにより良い位置からの攻撃が始まる。#19中村恒のナイスパントにより東農大は東農大陣深くからの攻撃。東農大OffenseはRunプレーと短いPassにより、次々とフレッシュを獲得する。一橋大Defenseは#90平野佑#51黒野#5中山#19中村恒の活躍により粘るが東農大にFGを決められ、3点を先制される。その後、一橋大Offenseは3rd downに#1蒔苗にパスが通り、フレッシュし、そのまま第1クォーター終了。

第1クォーター終了時スコア

一橋大0-3東農大

【第2クォーター】

#1蒔苗のファインプレーにより東農大は東農大陣1yardから攻撃開始。#19中村恒のインターセプトにより攻撃権を奪う。そのまま#99鈴木がFGを決め3点を取り、同点に追いつく。一橋大Defenseは#19中村恒、#40安藤駿のタックルによりフレッシュを許さない。Puntにより攻守交代し、一橋大Offenseは#1蒔苗のキャッチによりフレッシュ獲得。さらに#11廣瀬から#2川村に50ydsロングパスが通り、TD。その後のTFPのkickを#99鈴木が決め、7点を得る。代わって東農大Offenseは、ロングパスが通り一橋大陣深くまで進む。東農大はFGを選択し、3点を返す。そのまま前半終了。 

第2クォーター終了時スコア

一橋大10-6東農大

【第3クォーター】

一橋大の#99鈴木のkickにより、試合が再開される。両者なかなか流れを掴むことができない中、第3クォーター残り8分ほどのところで、東農大のパスインターセプト。そのまま流れに乗り、ゴール前残り8ydsの地点からpass成功し、そのままTD。TFPのkickも決め、東農大は7点を得る。一橋大は東農大Defenseに阻まれ、フレッシュ獲得できない。代わって、東農大の攻撃。#23安井のパスインターセプトにより、一橋大は攻撃権を得る。ゴール前8ydsの位置から一橋大は1st downの攻撃を開始する。#1蒔苗へのpassが成功し、そのままTD。TFPのkickを#99鈴木が決め、7点の追加点を得る。ここで第3クォーター終了。

第3クォーター終了時スコア 

一橋大17-13東農大

【第4クォーター】

東農大の攻撃。東農大は一橋大陣25ydsの地点からFGトライするも、kick失敗。攻撃権は一橋大移る。一橋大は#6新宮#31元濱#11廣瀬のrunプレー中心に、ボールをゴール前4ydsまで運ぶ。一橋大FG選択するも、kick失敗。攻守交代し、東農大の攻撃。東農大はrun中心のプレーを展開し、ゴール前2ydsの地点からそのままTD。TFPのkickは失敗し、東農大は追加点を6点とする。その後、両者得点を追加することなく、試合終了。

試合終了時スコア 

一橋大17-19東農大

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON