大学も小平も行きやすい!~国立北口住みのススメ~ | 一橋大学アメリカンフットボール部

大学も小平も行きやすい!~国立北口住みのススメ~

870 views

新入生の皆さんこんにちは!合格おめでとうございます。4年LBの丸山武志です。下宿探しをする皆さんはいま特に大変な時期ですよね。今回は国立北口の住み心地について紹介したいと思います!

国立北口には何がある?

スクリーンショット (2)

改札を出て左側、構内を抜けると大きくコメダ珈琲が見えるのがいわゆる「国立駅北」です。

コメダ写真
国立南口にはパスタのおいしい「いたりあ小僧」、美味しい海鮮が食べられる「つり舟」から「餃子の王将」や「大戸屋」といったチェーン店まで様々なご飯やさんがある一方で、北口は南口に比べると飲食店の数は少ないのも事実です。しかしながら「とんかつ ひらよし」や「富士そば」など学生のお腹を満たしてくれるお店があります!

ひらよし写真

富士そば写真

またコンビニの数も多いため、いざ何かがなくなったときにすぐに買いに行くことができます!でも駅前にあるスーパー「三浦屋」は高級品を多く扱っているので、学生にとっては少し行きづらいかもしれません…。もしおいしいご飯を作りたい、って思った方は、三浦屋で食材を買ってみるのもいいかもしれません。

三浦屋写真

学校と小平の間にある利便性

国立北口に住んでて良いことはまだあります。

それは、小平と学校の間にあるため、どちらにも行きやすいということです!一橋大学のサークル、体育会の一部は小平にあるキャンパスで練習しているのですが、アメフト部もその一つです。

国立にある学校から小平キャンパスまで行くのにだいたい自転車で25分~30分くらいかかります。しかし、北口にある僕の家からだと、国立の大学までは自転車で10分くらい、小平キャンパスまでは自転車で15~20分くらいと、なかなか便利なんです。

小平に通う必要があるサークルや部活に入りたいあなたには、ぜひぜひ国立北口に住むことをお勧めします!
また、北の場所にもよりますが、駅の南側にあるご飯屋さんの多くは駅に近い場所に多いため、結果的に駅の南側のご飯屋さんに行きやすいというメリットもあります。

僕が国立北口に住むことを決めた理由

最初は不動産屋さんに北口の物件を勧められてました。その時はまだアメフト部に入る決心は全然していなかったので、国立の大学の周辺に住むことを考えていました。
しかし北口の物件を実際に見させてもらったところ、とても周りが静かで、大学周辺とはまた違い、どこかの田舎に住んでるかのような良い雰囲気が漂うところでした。

部屋の間取りなど、他にも惹かれた点は多くありますが、一番はやはり田舎感漂う雰囲気に惹かれて、今住んでる家に住むことを決めました。アメフト部に入部して、結果的に利便性が高くなったのは嬉しい誤算でした。

閑静な住宅

どこにいくにも便利な駅北

デメリットもありますが、それでも僕は国立北口をお勧めします!小平や学校だけでなく、国立のご飯屋さんにも行きやすい「国立北口」。是非物件探しの一つの選択肢にしてみてはいかかでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON