アメフトポジション紹介〜オフェンス編〜 | 一橋大学アメリカンフットボール部

アメフトポジション紹介〜オフェンス編〜

1,033 views

アメフトは野球のように攻守交代があり、加えてラグビーの五郎丸選手のようなキックをする場面もあります。

今回は彼らが点を取らないと勝てない!攻撃陣を紹介いたします。

QB(クオーターバック)

みなさんの中にも名前だけは知っているという方がいらっしゃると思います。

なんといってもQBはオフェンスの司令塔で、走る選手にボールを渡したりパスを投げたり自らボールを持って走ったりもします。全てのプレーはQBから始まるといっても過言ではありません。

QB

(4年QB柴田馨)

 

OL(オフェンシブ ラインマン)

OLは攻撃の最前線となりプレーを支えます。

彼らが強くないとディフェンスに押されて理想のプレーができないので、まさに縁の下の力持ちです。RBやQBがタックルされないように体をはって守ります。大きな人が向いていますが、入部時に小さかった人もOLとして十分に活躍しています。

OL

 

WR(ワイドレシーバー)

WRはパスプレーの主役です。QBが投げたボールをキャッチしてタッチダウンを狙う姿はアメフトの華やかさの象徴だと思います!クリムゾンのレシーバーの経験スポーツはサッカー、陸上、野球、バスケなど多岐にわたります。

WR

 

RB(ランニングバック)

RBはボールを持ってOLが切り開いた道を駆け抜けるポジションです。

漫画「アイシールド21」の主人公小早川セナのポジションがRBです。チームのみんなが協力して開けてくれた道を走る爽快感はすばらしいものがあります。

RB

(4年RB谷口真央)

11人の団結!オフェンスの魅力

11人で1人のRBに道を走らせる、WRにパスを捕らせるといった全員の協力、団結がオフェンスの魅力です。

実はOL、WR、RBはさらに細かくポジションが分かれていて、とっても奥が深いんです。

まだまだ知り足りない。という方はぜひアメフト部員に話を聞いてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON