戦術面を司る!アナライジングスタッフの仕事をご紹介 | 一橋大学アメリカンフットボール部

戦術面を司る!アナライジングスタッフの仕事をご紹介

1,739 views

アナライジングスタッフは、対戦相手を研究して試合の作戦を考案し、試合中は相手の戦術を即座に分析して戦略を練る仕事をするパートです。

そこで、CRIMSONアナライジングスタッフの役目の大きな流れをご紹介します。

全ての基盤となる作業!アナライジング

アナライジングスタッフという名前の通り、その主な仕事の一つが分析です。

相手チームの試合のビデオを見て、システムや弱点、選手の個人能力からクセまで、勝利につながる要素があれば徹底的に調べつくします。

そうして集めた情報は対戦校対策の基盤となるので、とても重要な作業です。

分析の精度を上げることによって、準備段階において相手よりも優位に立つことができます。

分析

(3年AS小山夏実)

最重要!戦術・練習メニュー作成

分析で得た結果をもとに、チームを勝利へ導くための最適な戦術を考え出します。

具体的には、試合展開を想定(ゲームプランの作成)し、それを念頭に置いた練習メニューを作成し、ミーティングをすることでプレイヤーとそのゲームプランを共有します。

この仕事は試合の勝敗に直結するため、アナライジングスタッフの最重要課題となります。

gameplan

(4年AS佐竹映美、4年QB柴田馨)

更なる精度を追求!戦術の実行管理

練習では、作り上げた戦術が実際に完璧に実行されているのかプレイヤーとともにチェックし、精度を高めるべく次の練習へと更なる戦術の構築を行います。

試合中のアナライジングスタッフは、試合の流れを正確に読み取り、コーチとの連携を経て、必要な情報を収集・処理します。

それをもとにプレイヤーとコミュニケーションをとりながら戦略を立て直し、チームを勝利へと導きます。

実行・管理

(2年AS永塚あやね、4年AS藤田梓)

アナライジングスタッフの醍醐味とは

あらゆる状況を想定して試合に備えるアナライジングスタッフは、悩み、考え、試行錯誤を繰り返す分、チームの勝利という大きな成果を得られた時の喜びは計り知れません。

自分たちが戦略に関わって勝利を目指せるところが、アナライジングスタッフの一番の醍醐味です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON