スピードを落とさない増量!?アメフト部員の劇的な肉体改造劇場 ~小野聡久編~ | 一橋大学アメリカンフットボール部

スピードを落とさない増量!?アメフト部員の劇的な肉体改造劇場 ~小野聡久編~

1,523 views

今回はLB4年の小野聡久君。今シーズンはディフェンスリーダーを務め、更におもしろい人、優しい人、賢い人の3つでランクインするなど、ON/OFF共にチームの中心人物の小野君。さて、どんなビフォーアフターを遂げたのか?早速見ていきましょう。

高校時代は暁星GK!筋トレは嫌いだった

タイトルの通り、小野君は暁星高校サッカー部出身!他にもチームには暁星出身部員は数人おり、暁星は我がCRIMSONの一大派閥です。
小野君の高校時代のポジションはGK。特に反射神経や瞬発力が必要とされるGKなだけあって、筋トレはあまり好きになれなかったそう。そんな小野君の高校時代の写真がこちら

昔の小野

(4年LB小野聡久)

スマートですね。軽やかにボールをセーブする姿が目に浮かびます。そんな小野さん、どんな変貌を遂げるのか?

スマートな身体からチーム随一の巨体へ!

入学早々迷わずCRIMSONに入部した小野君。CRIMSONの洗練されたフィジカルメニューにより、めきめきと身体が大きくなっていったそうです。特に体重の伸びが著しく、2年生の春にしてLBでは一つの関門とされる80kgを突破。その後も、身体はどんどんと大きくなり、今はLB陣最高の85kg!そんな小野君の現在の姿がこちら。
小野アフター1
…はんぱないデカさ。そしてこの迫力。
しかし、小野君の凄さはパワーだけではないんです。小野君の得意プレーといえば、何といってもパスディフェンス。パスディフェンスではスピードのあるWRとの広いゾーンでの駆け引きが必要となり、相手WRに通用するスピードとクイックネスがなければパスを通されてしまいます。
つまり!小野さんは体重を増やしたものの、決してスピードが遅くなることなく、高校時代に培ったセービング能力でパスカットを連発しているのです!
しかし、これは小野さんに限ったことではありません。CRIMSONの肉体改造は、スピードやクイックネスの低下を招くことはありません。むしろ速くなります。体重を脂肪ではなく、動ける筋肉で増やすことで、アスリートとしての身体作りをしていくのです。

スピードとパワー。小野君の目指す『身体』

スピード、クイックネスを失うことなくパンプアップに成功した小野君。
最近は、更なるキレとぶれない軸を手に入れるために、インナーマッスルを鍛えるメニューに力を入れているそう。そんな小野君に今年の意気込みを聞いてみると
「全て止める。」
…かっこいいっすね。なんていうか、現実味があるんですよね。さすがディフェンスリーダーです。

小野体幹1

スピード+パワー=最強!

肉体改造特集、今回はスピードを落とさずに体重を増やすことに成功した小野君の成長についてでした。「結構脚の速さに自信あんのに、変に体重増やしたら遅くなりそうだな〜」なんて思っているそこのあなた。CRIMSONなら心配ご無用。あなたの自慢のスピードをいかしたプレーで、観客の魂を震わせてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
一橋大学アメリカンフットボール部の最新情報をお届けします
オススメの記事

CRIMSONのことをもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

デイリーアクセスランキング

人気の記事をチェック!

話題のカテゴリー

いま一橋大学アメリカンフットボール部で話題になっているキーワード

 

一橋大学アメリカンフットボール部 | CRIMSON